• ホーム
  • AGA治療薬とミノキシジルの副作用について

AGA治療薬とミノキシジルの副作用について

AGAは内服薬と外用薬を並行して使い治療します。
内服薬は厚生労働省からAGA治療薬として承認されているプロペシアとザガーロの2種類があります。
外用薬は血管拡張作用があるミノキシジルを配合した塗り薬です。

プロペシアは、AGA治療薬として国内で1番最初に承認された内服薬で世界各地で使用されています。
プロペシアの有効成分はフィナステリドという成分で、AGAの発症原因である5α還元酵素の生成を阻害する効果があります。
5α還元酵素には1型酵素と2型酵素があり、1型酵素は前頭部の脱毛、2型酵素は頭頂部の脱毛を進行させ髪の成長を止めてしまいます。
フィナステリドには2型酵素に強い効果があり頭頂部の脱毛を予防します。

プロペシアは、1日に1回、1錠ずつを食前食後の時間帯に関係なく服用します。
また、最低でも半年間は服用を継続する必要があります。
国内でプロペシアの臨床試験を行った結果、約1年で58%、2年で68%、3年で78%の方に薄毛改善の効果が出ています。
プロペシアの高い効果を得るには、自己判断で中断せず医師の指示を守ることが重要です。

ザガーロは、AGA治療薬として国内で2番目に承認された内服薬です。
ザガーロの有効成分はデュタステリドで、もともとは前立腺肥大症の患者に使われていました。
デュタステリドを使用した患者の体毛が増毛したことから成分の効果が注目され、ザガーロとして製薬会社から販売されています。
ザガーロは5α還元酵素の1型と2型の両方を抑える効果があり前頭部と頭頂部の脱毛を予防します。
ザガーロは脱毛予防効果だけでなく発毛や増毛効果も期待できます。
病院では初期症状はプロペシアで治療し、症状が進行しているときはザガーロを処方しています。

ザガーロは、カプセルタイプの飲み薬で1日に1回、1カプセルを服用します。
食前食後に関係なく服用する点はプロペシアと同じですが、薬と薬の間隔が24時間以上空かないようにします。
24時間以上経過するとザガーロの効果が減少してしまいますので注意しましょう。

AGA治療薬の外用薬として使われているミノキシジルは血管を拡張する効果があります。
AGAを発症している頭部の血管は収縮して狭くなっており血行不良をおこしています。
血行不良になると髪に必要な栄養素や薬の有効成分が届きにくく発毛や育毛できない状態です。
ミノキシジルを頭皮に塗りこむと頭皮の血行不良が改善され、発毛や育毛に適した頭皮環境をつくることができます。

AGA治療に伴う体への負担

AGA治療薬の内服薬と外用薬にはわずかですがそれぞれ副作用があります。
プロペシアは、勃起不全や性欲減退の副作用があるといわれており、国内の臨床試験では約1%以下の方勃起不全や性欲減退の症状がおきています。
この他には、痒みやじんましん、眠気、めまいなどの症状が出る場合があります。
ザガーロは、プロペシアと同じように勃起不全や性欲減退、痒み、眠気の副作用がおきる可能性があります。

ミノキシジルは頭皮に直接塗るので頭皮に痒みを感じる方がいます。
眠気、むくみ、めまいなどの症状を感じる方もおり個人差があります。
このような症状がある方にはタブレットタイプの飲み薬で血流を改善します。
近年、市販されているミノキシジル配合の育毛剤は副作用が出る心配はありません。
薄毛が気になるからといって大量に塗ってしまうと、頭皮に痒みが出る場合もありますので使用方法を守るようしましょう。

プロペシアとザガーロは医師の処方せんが必要な医薬品で、身近なドラッグストアでは購入することができません。
使用期間中は医師が血液検査などを行ない副作用がないか確認しながらAGA治療薬を処方しています。
医師の指示に従って使用するようにしましょう。

関連記事