• ホーム
  • AGA治療は保険適応外なので費用が嵩む

AGA治療は保険適応外なので費用が嵩む

ハゲた男性

男性の薄毛の多くはAGAと呼ばれる男性型脱毛症と言われていますが、皮膚科や美容外科、美容皮膚科などで治療をうけることによって症状を改善し、健康な髪をはやすことが出来ます。
AGA治療は一般的な皮膚科でも行われていますが、治療は保険適応外となっており、全額自費での治療となります。

理由は治療内容が病気やケガではなく、審美性の高い治療という点から自費での治療となっています。
AGA治療は保険適応外で治療が行われるので、施術にかかる費用は自費となるため治療費がかさむという意見がありますが、安く治療を行っているクリニックもありますので、費用を比較してお得に治療ができるクリニックを選ぶ方法もあります。

比較してお得に治療が受けられる理由としては、保険適応外の治療ですので、金額はクリニックが独自に設定しています。
そのため薬や施術にかかる費用の金額もそれぞれのクリニックによって異なりますし、治療内容も医療機関ごとに異なります。

AGA治療は男性ホルモンの作用をブロックする薬を内服して抜け毛の進行を遅らせるのが目的ですので、早く始めることで薄毛の進行を食い止め健康な髪をはやすことが出来ます。
早く始めたほうが良い理由としては、AGAは進行性の抜け毛ですので、進行が進んでから治療を行うよりも気づいた時点で治療を行ったほうが効果を早く実感することが出来ます。

保険適応外のAGA治療ですが、根気よく毎日薬を服用し、場合によっては外用薬を頭皮につけて治療を行うことで数か月から数年後には健康な髪が生えてくるのを実感することが出来ます。
発毛専門のクリニックでは、薬の内服や外用以外にも様々な施術を行っており、一人一人の抜け毛や薄毛の症状に合わせた施術が効果をあげています。

治療内容によって様々な施術にかかる治療費の金額は異なりますが、大抵の医療機関のホームページにはおおよその費用について明示してありますので、クリニックを選ぶ際の参考にすると良いでしょう。
男性型脱毛症は病気ではないため全額自費での治療となりますが、その効果の高さは口コミでも話題となっており、多くの男性の薄毛のコンプレックスを数か月から数年で解消することが出来たことは多くの症例写真からも知ることが出来ます。
症例については写真を使って説明してあるサイトがいくつもありますので、自分の薄毛がAGAかどうか知りたい方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

AGA治療はなぜ自由診療なのか?

AGA治療が健康保険を使って治療できない理由としては、病気やけがの治療ではないという点が挙げられます。
髪の毛が薄くても痛みや痒みがあるわけではありませんし、日常生活を著しく困難にするものではなく、皮膚科で保険適用で行われる治療のアトピーや湿疹、水虫などと比べると緊急性もなく放置しても問題がないためです。

しかし、髪の毛が薄いことによって悩んでしまったりコンプレックスを感じている方は非常に多く、実際に性格が内向的になってしまったり常に気になってしまうという方は少なくありませんし、治療を行って自分に自信が持てるようになったり、コンプレックスが解消されたという口コミは非常に多く寄せられています。

生命の維持に直接関係がないAGAは、美容整形のような審美性に関わる治療と同じカテゴリーですので、健康保険を適用することが認可されていませんが、治療を行うことで毎日明るく過ごすことが出来るようになっている症例も非常に多く、精神疾患や他の病気などで髪の毛が薄くなってしまい、その治療の過程でAGA治療も行われた場合は、医療費控除の対象になるケースもあります。
自費診療といっても薬にかかる費用は一か月数千円程度のクリニックもありますし、クリニックによって毎月かかる費用は異なりますが1万円程度で治療ができるところもありますので、薄毛が気になる方は受診をおすすめします。

関連記事
人気記事一覧