• ホーム
  • AGAは早めに治療することで改善できる

AGAは早めに治療することで改善できる

AGAは男性型脱毛症の略称で、多くの男性の薄毛はこの症状と言われており、医療機関で早期の治療を行うことで症状を改善することが出来ます。
AGAになる人とならない人がいますが、遺伝的なものやストレス、栄養素の偏りなど様々な原因が考えられます。

AGAは進行性の抜け毛ですので、早期に治療をすることで抜け毛の原因である男性ホルモンの作用を直接抑え、抜け毛を改善して健康で太い毛が生えるのを促進する治療が効果的です。
シャンプーのたびに抜け毛が多くて気になる方は、AGAの可能性がありますので、皮膚科や美容外科に相談すれば診断してもらうことが出来ます。

自分がAGAかどうかわからないのでまだ医療機関を訪れていないという方は、目安として生え際や頭頂部の薄毛が進行しているようであればその可能性がありますので、早期の治療をしたほうが薄毛を改善することが出来ます。

進行性の抜け毛として知られるAGAは、男性特有のホルモンが作用して起こる進行性の薄毛です。
そのまま放置してしまうとどんどん薄毛は進行してしまい、治療を始めてもなかなか改善しないというケースもありますが、気づいた時点で治療を始めることで数か月で症状の改善が見込めるケースもあります。

薄毛の中にはシャンプーのやり方や栄養素が不足していることで抜け毛が起こることもあり、そうした場合はシャンプーのやり方を改善したりサプリメントで栄養素を補給することで薄毛が改善するケースもあります。

男性の薄毛の中にはAGAではないものもあり、睡眠不足やストレス、間違ったシャンプーのやり方などで薄毛が進行してしまうことがあります。
男性の薄毛に効果的なサプリメントも販売されています。
サプリメントは医薬品ではありませんが、食生活で不足しがちなビタミンやミネラルを補給することが出来ますので不規則な生活をしている方には最適です。

どのような薄毛でも、男性の薄毛はAGAの可能性がありますので、まずは医療機関に相談することをおすすめします。
皮膚科や美容皮膚科、美容外科、発毛専門クリニックなどで薄毛の治療をすることが出来ます。
AGAかどうかは専門医が診察をすることですぐにわかりますし、必要な薬が即日処方されます。

AGAの治療には男性ホルモンをブロックする薬が処方されますが、その薬を毎日服用することで早期に薄毛の悩みを改善することが可能です。
医療機関によって使われる薬や費用は多少異なります。

薄毛と思ったら、まずは医療機関に相談

髪をとかしていていつもよりもブラシに抜け毛が多くついていたり、枕カバーや排水溝に髪の毛が多く見られる場合は、薄毛が進行している場合があります。
又、頭頂部や生え際が薄くなってスタイリングがしにくくなったり毛が細くなってきた場合は医療機関に相談することでAGAかどうかの診断をしてもらうことが出来ます。

AGAと診断された場合は、内服薬で男性ホルモンの作用を抑える治療を行うことで症状の改善が期待できます。
医療機関では抜け毛を促進させる働きをブロックする内服薬の他、外用薬も処方され両方を並行して使うことでより抜け毛を防ぐ効果が高くなります。

最近人気の医療機関に、発毛を専門とする医療機関がありますが、皮膚科で行われる治療に加えてオーダーメイド的治療を行っている特徴があり、一人一人の症状に合わせた薬やサプリメントが処方されるため、症状の改善を実感できるまでの期間が短くなるメリットがあります。

AGAの治療にかかる費用は、全額自費となり健康保険を使うことはできません。
自由診療ですのでクリニックによって毎月かかる費用は異なりますが、飲み薬だけの場合は5000円程度で治療をすることが出来ます。
その他、血液検査や再診料などがかかります。

関連記事