• ホーム
  • AGAが気になる前に遺伝子検査で薄毛になるか検査

AGAが気になる前に遺伝子検査で薄毛になるか検査

髪の薄い頭

今の時代、遺伝子情報を取り出すことによって、将来どんな病気になるのか、もっといえば寿命がどのくらいなのかというところまでわかるようになってきています。
倫理観や価値観の違いから、遺伝子情報の扱いには少々難しい部分もありますが、しかし病気の予防という観点では、遺伝子情報を有効に利用できるメリットは大きいです。

AGAの予防にもこのことは当てはまります。
何しろAGAの場合、その原因が遺伝(体質)に求められるケースが極めて多いです。
一般的な皮膚科の一部でも薄毛治療が可能になっていますが、しっかりと治療をしたい、あるいは血統的に将来の薄毛を予防しておきたいと考える人にとっては、一般的な皮膚科ではなく、専門的なクリニックで遺伝子検査をしてから本格的な治療に入るという形がベターです。

一般的な皮膚科にしても専門的なクリニックにしても、AGAの治療については基本的に保険適用外になるため、費用の面で気になる人も多いとは思います。
しかし逆に、それだけの費用をかけて治療や予防をするのであれば、遺伝子検査などの専門的な方法を用いたほうが、より確実性が高まります。
その意味でも、薄毛予防のために医療機関や専門機関を利用するのであれば、遺伝子検査が可能な専門的クリニックのほうに、メリットがあるといえるでしょう。

AGA向けの専門的なクリニックでの遺伝子検査は、一般的な血液検査のように、「採血」によって行われることが多いです。
特別注射がニガテだという人は少し考える必要があるかもしれませんが、そうでない人なら、検査自体には何ら心配する必要はありません。
病院で採血するくらいの気持ちで検査を受けていただいてまったく問題ありません。
ただし、上記でも触れたとおり、AGA治療・予防のための遺伝子検査は、原則として保険適用外の項目になりますので、費用については事前にチェックしておいたほうがよいでしょう。
費用については、各クリニックのホームページなどをご覧になれば、明記されていることが多いです。
不明な部分については直接問い合わせても問題ありません。

専門的なクリニックであれば、単に検査をして治療をするというだけにとどまらず、生活習慣についてもいろいろアドバイスを与えてくれることが多いです。
その意味では、治療や予防をしてくれる「お医者さん」であると同時に、「良きアドバイザー」としての役割も担ってくれます。
AGAでは「相談できる人」の存在が非常に大きな意味を持ちます。

遺伝子検査をすることでAGAを改善することができる

実際に遺伝子検査を実施してみて、将来AGAのリスクが高いことが判明したら、そのまま予防的な治療に移行できますし、そこまで心配する必要がないのであれば、将来AGAのリスクを回避できる体質をつくる方法を検討すればよいことになります。

遺伝因子に「薄毛」のファクターが組み込まれているとしたら、よほど普段の生活習慣に気を配らなければ、将来薄毛を発症する確率が極めて高くなるといわなければなりません。
遺伝子検査によってそのリスクを取り除くことができるのであれば、予防的治療や体質改善などの方法によって将来の薄毛を回避することができるようになります。

どんな病気でも同じですが、ある日急に原因がつくられ、急に発症するわけではありません。
特に遺伝因子が大きくかかわるAGAは、原因そのものを生まれ持ってしまった可能性もあるのです。
もちろん薄毛も個性ではありますが、当事者の心理からすると、そう簡単に割り切れるものではありません。

そういったマイナスのファクターを取り除くために、遺伝子検査は非常に有効です。
将来が不安なら、今悩むのではなく、後悔しないためにも、まずは行動しましょう。
遺伝子検査はその一助となるはずです。

関連記事
人気記事一覧