• ホーム
  • 服用薬のAGA治療薬ならプロペシアで改善すべき

服用薬のAGA治療薬ならプロペシアで改善すべき

薄毛の男性の頭部

プロペシアは有効成分フィナステリドを配合した男性型脱毛症、AGAの治療に用いられる飲むタイプの育毛剤として世界中で使用されています。
アメリカのFDAで認可もされていますし、日本でも3万施設を超える医療機関で処方されており、服用している人も20万人に迫るというAGAの治療では最もメジャーな治療薬といっても良いものです。

同じようなタイプのAGA治療薬にはミノキシジルを配合したものがあり、プロペシアに対して副作用が少ないと言われこちらも人気があるのですが、ミノキシジルは頭頂部には強いですがM字などの生え際への効果があまり期待出来ないという弱点があり、頭皮全体の毛髪に効果を期待するにはプロペシアには及びません。

プロペシアは男性ホルモン、その中でもジヒドロテストステロン、DHTというAGAの原因の一つとして考えられているホルモンの働きを阻害する事で脱毛を抑制、発毛を促すというものですが、元々は前立腺肥大症の治療で用いられていたもので、発毛効果というのはその治療の過程で発見された副作用でした。
そこに着目した研究者によって、AGAの治療薬として認められるようになったのです。

プロペシアが日本をはじめとして世界中で使用されているのには理由があります。
それはAGAに対する確かな効果で、使用を開始して3年では78%の方が増毛を実感しているという臨床データがあり、不変という方も含めれば98%の方が改善しているという事です。
AGAは進行が進む症状ですので、不変というだけでも改善したと考えても良いのですが、この臨床データはプロペシアの確かな効果を表しています。

また、同じ臨床データを見てみると、使用1年目から不変、改善を合わせた数字は98%となっており、症状が進行したという方はわずか2%です。
改善したと答えた方だけでも1年目で58%、2年目で68%にのぼり、前述の通り3年目では78%となっています。
この臨床データは海外ではなく日本における臨床データで、1日1錠服用した場合のものですので、プロペシアの効果の高さがよく解るものとなっています。

また、プロペシアには毛髪に対する効果の高さと共に男性機能の低下などの副作用のリスクが囁かれる事が多いですが、実際の臨床データではあまり心配する事はありません。
ジヒドロテストステロン、DHTを阻害するだけではそういった事が起こるとは考えにくく、それは偽薬を用いた臨床試験の結果にも表れています。

プロペシアの効果と作用

プロペシアはジヒドロテストステロン、DHTというAGAに関係していると言われている男性ホルモンの働きを阻害する事で脱毛を抑制し、毛髪の発毛を促進させるというものです。
有効成分フィナステリドを含み、ミノキシジルなど他の飲むタイプの育毛剤ではカバーしきれない生え際の発毛効果も見られるなど、AGAの治療薬の中では最も優秀なものといえるものです。

プロペシアの有効成分フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑える効果があるもので、元々前立腺肥大症の治療に用いられていた薬ですが、その副作用として発毛の効果がみられ、AGAの治療に用いられるようになったのですが、ジヒドロテストステロン、DHTという薄毛、脱毛の直接的な原因となる男性ホルモンの働きを阻害しますので確かな効果が期待できるのです。

ちなみにこのDHTは通常3年以上続くという毛髪の成長期を半年程度にまで縮めてしまうというもので、この成長期が短くなり休止期が長くなるという事から毛髪が軟化、最終的には抜けてしまうという事になるのですが、プロペシアの有効成分フィナステリドはこのDHTに直接働きかけますのでAGAに対して改善などの効果が期待できるという事です。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧