• ホーム
  • 医療機関によってAGA治療施術の価格は違う

医療機関によってAGA治療施術の価格は違う

薄毛の男性

多くの男性の薄毛の症状はAGA又は男性型脱毛症と呼ばれるもので、生え際や頭頂部が薄くなったり髪が細くなることで気づき、スタイリングがしにくくなったり頭皮が透けて見えるといった症状が出てきます。
AGA治療は、皮膚科や美容外科、美容皮膚科、AGA治療の専門医療機関などで受けることができますが、それぞれ治療方法や施術方法が異なり、費用も自由診療ですのでクリニックによって価格設定が異なります。

AGA治療が自由診療で行われる理由としては、生命にかかわる病気やケガとは異なり、どちらかというと美容診療に近いカテゴリーになるため、健康保険が適用されることが認可されていないためです。
自由診療で行われる治療ですが、効果は非常に高く、多くの医療機関で高い実績を上げている様子は症例写真からも知ることができます。

身近な皮膚科で治療を受ける方が多い傾向にありますが、診断された後はAGA治療の内服薬が処方されるか外用薬が処方されるのみで、一人一人に合わせた治療や施術は行われないのが一般的です。
皮膚科で治療を受ける際の内服薬にかかる一か月の薬代としては1万円前後が目安となります。

発毛を専門とする医療機関では、一人一人に合わせたオーダーメイドの治療が行われているため、一般的な内服薬に加えて外用薬も独自のものが用意されたり、発毛のために機械を使って施術が行われるほか、独自のサプリメントなどが処方されるケースもあります。
こうした施術や治療は一般的な皮膚科の治療に比べると発毛までの期間が短く効果を実感しやすい傾向にあります。

AGA治療を専門に行うクリニックは沢山ありますが、そのクリニック間でも治療内容や費用は異なります。
治療にかかる費用やこれまでの実績、使う薬剤や通院期間の目安などはクリニックによっても異なりますが、専門医に通う場合は一か月あたり3万円前後が目安になります。

通院する期間は、AGA治療の場合すぐに改善するということではなく、長い期間かけて徐々に改善がみられるのが一般的なケースです。
数か月間治療を続けていると髪が太くなったり増えてくる傾向がみられるようになり、数年間治療を続けることで頭頂部や生え際などの部分にしっかりとした太い毛が生えてくるようになります。
男性ホルモンをブロックする作用のある薬はどのクリニックでも処方されますので、頭皮の環境も改善され、フケやかゆみ、頭皮の過剰な皮脂なども改善されることが期待できます。

自由診療のため施術の安い専門医を探す

AGA治療はどこのクリニックでも健康保険は適用にならず、自由診療ですので独自に価格が設定されています。
そのため、ホームページで治療にかかる費用を調べると同様の治療でも大きな費用の差を確認することができます。
AGA治療は数か月から数年単位で治療に期間を要しますので、一か月あたりにかかる費用は安ければ安いほど発毛治療のコストパフォーマンスは良くなります。

費用の安さでいえば最も安いのは一般的な皮膚科で内服薬をもらう治療ですが、その場合一人一人に合わせたきめ細かいカウンセリングや施術を受けられないケースがほとんどです。
そのため、発毛を専門とするクリニック同士を比べて施術の安いところを探すのがポイントです。

クリニック同士を比較したランキングサイトや口コミサイトもありますので、これまでの実績や症例写真などを比較して通いやすいクリニックを選ぶのが良いでしょう。
頻繁に通うことはなくても、定期的に長期間通うことになりますので、自分に合ったクリニック選びは重要です。
AGA治療はカウンセリングも重要と考えられていますし、コンプレックスを解消するための大切な治療ですので、実績のある専門医が在籍する医療機関を選ぶと良いでしょう。

関連記事
人気記事一覧