• ホーム
  • プロペシアよりも費用を抑えられるジェネリック

プロペシアよりも費用を抑えられるジェネリック

男性の薄毛は、M字ハゲや河童ハゲと表現されるように生え際から頭頂部までの部分に集中するのが特徴です。
これは、この部分の毛根内部に存在しているII型5α-reductaseが男性ホルモンのテストステロンを変換することでDHTという物質を生産することが関係しています。
具体的には、この物質が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することにより、トランスフォーミング増殖因子という脱毛因子が誘導されて、頭髪のヘアサイクルが狂わされてしまうのです。

これにより、正常な状態であれば3~4年は続くヘアサイクルにおける成長期が、半年~1年程度と極端に短くなってしまうので、髪の毛は太く長く伸びることなく抜け落ちるようになります。
また、DHTは皮脂の分泌を過剰化するという作用もあるので、毛根がふさがれてしまい徐々に機能しなくなります。
このために、最終的には生え際が後退して頭頂部までの髪の毛が全てなくなる状態にまで進行します。

このDHTが原因の薄毛のことは、AGA(男性型脱毛症)と名付けられています。
日本人男性の約30パーセントに見られる症状で、20才代は約10パーセント、30才代は約20パーセント、40才代は約30パーセントと年齢を重ねるにつれて割合は増加します。
これは、テストステロンの分泌量が加齢による低下するのに伴い、DHTの影響力が大きくなるためと推測されています。

なお、AGAはこのように老化現象の一種ではありますが、全ての人が発症するというわけではありません。
ちなみに、50才代以降の発症頻度は40数パーセントで、死ぬまでフサフサのままというケースも少なくはありません。
このように、発症する人としない人とに分かれるのは、遺伝的な要因が決め手となるからです。
特に、母方の祖父から受け継ぐ男性ホルモン受容体遺伝子の多型は重要なポイントです。

何故なら、この遺伝子を受け継いでいると男性ホルモン受容体のDHTに対しての感受性が強くなり、効率的に結びつくためにトランスフォーミング増殖因子が大量に誘導されることになります。
これにより、多数の毛根のヘアサイクルが狂わされてしまうので、脱毛部位が広範囲にわたることになります。
つまり、AGAは自分自身の能力で発症を防ぐことは出来ないということです。

ただし、現在ではプロペシアという治療薬が開発されており、かなりの確率で進行を防ぐことが出来ます。
2005年に厚生労働省が1年間かけて実施したプロペシアの臨床試験では、98パーセントの被験者に不変以上の効果が発揮されたことが確かめられています。

ちなみに、プロペシアはAGA治療を行っている医療機関と共にネット通販でも購入することが可能です。
このために、病院に行くのが恥ずかしいという人でも入手することが出来ます。

プロペシアのジェネリックでも効果は同じようにある

プロペシアは、アメリカで開発されたfinasterideという抗アンドロゲン薬の1mg錠で、DHTの生産に関与しているII型5α-reductaseの活性阻害剤です。
このために、毛根や髪の毛に対して直接作用するわけではありませんが、AGAの原因物質の生産量が減少するので、狂わされていたヘアサイクルは自然な状態に回復します。
その効果はかなり顕著なために、飲む育毛剤とも表現されています。

このように魅力的なプロペシアの唯一の欠点は、自己負担となるので費用が掛かるということです。
これは、髪の毛は生命に直接関係する部位ではないからで、負担が軽減されない自由診療に分類されるためです。
具体的な費用は医療機関により異なりますが、大体の相場は1か月に6,000円~8,000円程度です。
それほどでもないと思うかもしれませんが、何年も続くとなるとかなりの費用となります。

そこで、オススメなのがネット通販で購入できるプロペシアのジェネリックを利用するという方法です。
ジェネリックは、特許が切れた以降に他の製薬メーカーから提供される同じ成分を配合した後発医薬品のことです。
有名どころではフィンペシアがあげられます。
開発費用をかけていないので先行医薬品よりも低価格が設定されていることが特徴で、購入する際の負担を大きく軽減することが出来ます。

ちなみに、プロペシアのジェネリックにはフィンペシア以外にも様々な種類のものがネット通販で提供されていますが、いずれも5分の1未満の値段で購入することが出来るので負担をかなり軽減できます。
もちろんインターネットの通販サイトでフィンペシアを購入する場合も格安で購入することができます。
これらは種類ごとに添加物の成分や製造方法には違いがあるので、全く同じ薬というわけではありませんが、主成分はどの種類も全てfinasterideが配合されているので、AGAに対しての効果は全く同様です。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧